GALLERY

平屋で建てたあたたかな住まい

札幌市S邸

平屋で建てたあたたかな住まい

昨年秋に、札幌の近郊駅からほど近い場所に、S様の新居が完成いたしました。
断熱と気密に重点を置き、数社の住宅会社を検討されたというS様。
そのなかで弊社をお選びくださり、この度のご縁となりました。

「お宅拝見バスツアー」が開催されました

弊社ではご入居宅を見学いただける「お宅バスツアー」を開催。
おかげさまでこのツアーにはたくさんのご予約をいただいております。

S様もご契約前に参加いただいたバスツアーでしたが、今度はS様邸を拝見させていただくことに。

ご協力をいただきまして、まことにありがとうございました。

S様のご希望は「平屋」と「暖かい家」

2階への上り下りなど、将来の体力的なご負担を視野にいれ、平屋の住まいを希望されたS様。

LDKと7畳の洋室をつなげ、キッチン奥へは寝室を設けられました。リビングからユーティリティへ続く廊下も、標準より10センチほど幅を広げ、トイレやバスルームも通常サイズより0.25畳ほど広げるなど、随所にゆとりをもたせた、S様理想の住まいが完成いたしました。

この日のツアーに参加されたお客様は、S様邸の暖かさに驚きを隠せないご様子。S様の声を聴きながら、当社の営業担当がご案内でご見学いただきました。

モデルハウスとは異なり、居住されるお住まいを見学されて、標準仕様のキッチンやドアなどが取りつけられた状態を見ることができ、内容をイメージしやすいと好評でした。

床暖房標準搭載の数社から弊社にご依頼

大手の住宅メーカーを基準に、床暖房のある住まいを検討されていたS様。

当社の「ホット床システム」は土間コンクリートに熱を蓄えることで、床から暖かさが伝わる仕組み。床が暖かく、床暖房に似ている点をお気に召していただき、S様のご希望に寄り添うことができました。

2月の電気代は賃貸マンションと変わらない安さ

以前は賃貸マンションにお住まいだったS様は、トータルした光熱費が、一軒家になっても変わらないことに驚かれているご様子。

一方で、暖房の余剰熱を使って、カーポートの除雪を助ける、弊社の「あんしん融雪システム」へは「あまり期待をしていなかった」と正直なお気持ちをお聞かせいただいたご主人様。「余剰熱ですからね、じんわり雪が融ければいいのかな?くらいでしたが、あんなに融けてくれるなんて驚きです」一番積もった時でも路面の積雪は10センチほど。それも2、3日すると完全に融けたとか。

北海道は雪と寒さとの戦いです。
「あんしん融雪システム」を採用いただいたことで、S様の除雪のご負担を軽減できたご様子に安心いたしました。

天井まで届くハイドアや、収納扉がデザイン性を高め、ダウンライトをメインの照明としたスタイリッシュさが魅力のS様邸。

「イゼッチハウス北海道・大洋建設さんは不安に思っていた資金計画にも、熱心に相談にのってくれて助かりました」ともったいないお言葉。

S様のご期待に添える住まいが完成したこと、喜ばしく感じております。
これからも住まいの困りごとがございましたら、ぜひ当社までお声掛けくださいませ。