イゼッチハウスの家

環境先進国水準の省エネルギー住宅を実現

日本の新築住宅の省エネルギー性能が、いまだに環境先進国のドイツなどに到底及ばない低い水準で建てられていることを皆さん知っていますか?

日本全体にある住宅はおよそ6000万戸。それぞれの住宅で電気・石油・ガスなどのエネルギーを消費しています。このエネルギー消費とCO2の排出削減を目指し、平成28年に経済産業省・国土交通省は「省エネルギー基準」を定めました。

この省エネルギー基準で定められている住宅の断熱・気密性能は図の通りです。これに基づいて全国の住宅会社が家づくりを行っています。しかし、この基準。環境先進国に比べると、かなり甘い基準です。しかし、日本の住宅業界に対し、国がこれ以上高い基準を要求しても、対応できないことが予想されるため、この程度の水準に止まっているのです。

平成28年省エネルギー基準に基づいて新築住宅を建て、屋根に太陽光パネルを貼っても、暖房+給油+照明+家電の消費エネルギーが多すぎて、創エネによる発電で賄うことはできません。つまり、現在の日本の水準の住宅に、太陽光パネルを住宅の屋根に載せただけでは、エネルギーの自給自足生活、光熱費ゼロ生活は難しいのです。

そこで、光熱費ゼロ生活をめざすイゼッチハウス北海道は、右の水準を標準仕様とした住宅づくりをご提案しています。国の基準より大幅に高い断熱・気密性能で皆様の住宅をご提供することで、日々の生活では、寒くても厚着をして耐える、家電や照明の使用を無理に減らすといった過剰な我慢をすることなく、光熱費ゼロ生活を実現させる。そのために住宅の高い断熱・気密性能が必要なのです。

省エネルギー基準 イゼッチハウス標準仕様
外皮平均熱貫流率(UA値) 0・46以下(w/㎡・k) 0・25以下(w/㎡・k)
参考:熱損失係数(Q値) 1・6以下(w/㎡・k) 0・9以下(w/㎡・k)
参考:相当隙間面積(C値) 2・0以下(㎠/㎡) 0・3以下(㎠/㎡)

熱損失係数と外皮平均熱貫流率は、いずれも住宅の断熱性能を数値化したものです。
家の壁や天井などから逃げる熱の量を計算・合計したものを延床面積で割ったものが熱損失係数、外皮面積で割ったものが外皮平均熱貫流率(UA値)です。いずれも数値が少ない方が断熱性能が高くなります。

なお断熱性能と同様、省エネに重要な影響を与える気密性能は、これも国の推奨する相当隙間面積(C値)2・0㎠/㎡の5分の1である0・4以下という厳しい基準を設定しています。

超高断熱・気密性能を実現させる方法

高い断熱性能を実現するには、さまざまな工夫が必要です。
住宅の外壁は他の断熱材より優れた断熱性能を誇る高性能フェノールフォーム断熱材「ネオマフォーム」を60ミリ外張り断熱します。さらに壁の室内側にはロックウール断熱を60㎏105ミリ施工します。

LOW-E トリプルガラス(アルゴンガス入り)を標準採用

また天井にはロックウール断熱を25㎏350ミリ吹き込んでいます。

基礎の立ち上がり部分は、基礎の両面を合計130ミリの発泡スチロール製断熱型枠で挟み込みます。また床下の土間一面は、同じく75ミリの発泡スチロール製断熱型枠を敷き詰めます。これは虫や湿気を室内に侵入させないという面でも効果を発揮します。これで壁・天井・床の断熱を徹底します。

さらに、窓のサッシは、北海道では標準的に採用されているペアガラスサッシではなく、断熱性に優れたガラスを3重に重ね、ガラスとガラスの間にはアルゴンガスという断熱性能の高いガスを入れたダブルLOW-Eトリプルガラス(アルゴンガス入り)の製品を標準採用しています。高い断熱性能に加え、遮音性能などを発揮します。


高性能フェノールフォーム断熱材「ネオマファーム」の施工例

札幌市や国土交通省の基準にも・・・

イゼッチハウス北海道の建てる住宅の断熱・気密性能は、全国の自治体に先駆けて住宅の省エネ・地球温暖化対策に取り組む札幌市の「札幌版次世代住宅基準」や、国土交通省が定めた「建築物の省エネ性能表示のガイドライン(建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針)」に基づく第三者認証制度「BELS」(ベルス)でも高い水準であることが示されています。

札幌市の「札幌版次世代住宅基準」もクリア

札幌市は、積雪寒冷地である地域特性に応じた温暖化対策を推進するために、札幌独自の高断熱・高気密住宅の基準である「札幌版次世代住宅基準」を策定し補助金制度を導入するほか、認定制度やラベルの交付など、積極的に“質”の高い住宅に対しての支援を行っています。特に札幌版次世代のトップランナー基準は、世界規模で住宅性能上位に位置するドイツのパッシブハウスに匹敵する性能を有しており、その高い水準は、全国各地の自治体、住宅業界関係者からも注目を集めています。
イゼッチハウス北海道は、標準仕様で、札幌版次世代省エネ基準のスタンダードレベルをクリアしています。またそれを上回るパッシブハウス仕様にグレードアップすると、トップランナーレベルに相当する住宅も実現できます。

 


国土交通省の第三者認証制度「BELS」(ベルス)でも高評価

「BELS(ベルス)」とは、国土交通省が建築物省エネ法に基づいて、住宅の一次エネルギー消費量を算定し、最も住宅の省エネ性能が高ければ★★★★★=星5つを最高に、いわば住宅の燃費を5段階評価し、わかりやすく住宅の省エネ性能を示す制度です。住宅性能評価・表示協会が制度運営しています。BELSに基づくと、イゼッチハウス北海道の標準仕様は最高等級の星5つになります。

省エネルギー性能を分かりやすく表示

省エネを実現したオーナーを表彰する「超省エネ大賞」

イゼッチハウス北海道は、1年間の電気使用量が少なかったオーナーを表彰する「超省エネ大賞」も開催します。イゼッチハウス北海道の中核グループ企業の大洋建設は、2010年からこの超省エネ大賞を開催しています。2017年には表彰状ほか副賞として計70万円が鏡原社長から贈られました。

  • 1位
  • 2位
  • 1位
  • 3位
  • 特別賞
  • 特別賞
  • 特別賞

超省エネ大賞授賞式の様子

 
※2017年1月から12月の電気消費量で順位付け ※2年間の登録まで行います ※3年目以降からは無効となります ※オール電化とその他の熱源で別々に賞を授与しています。              

1位に輝いたSさんのお宅でかかった光熱費(電気料金)は、年間でわずか16万4千円!延床面積1平方メートルあたりで50kWhという、まさに”超省エネ”です。
「夜間の電力を使うようにしたぐらいで、普通に生活していましたし苦労もありません」とSさん。「鏡原社長に言われた通り”魔法びんのような家”ですごく暖かいです。それに、この家は夏も涼しい!扇風機も1回使ったかどうかですね」。
2位以下のご家族も、「使わない電気はなるべく消す」といったような無理のない生活で、それよりも、大洋で建てた家そのものが暖かい造りであることをうれしそうに話していました。

多くのお客さまが超省エネ大賞や、完成したオーナーさま宅を見せていただくお宅拝見バスツアーに参加され、イゼッチハウスの省エネ住宅が本当に光熱費削減につながっているのかをご確認いただいております。高い断熱性能をPRする会社のなかで、イゼッチハウスが最も大切にしている、住宅の基本性能の高さを納得していただきたいのです。
なお、実際にお住まいのお客さまの2016年、2017年の光熱費(暖房・給湯・調理・電灯をすべて含む・水道を除く)は、35~38坪程度の家の広さで18万円程度となっています。

断熱の次は「創エネ」について

このようにイゼッチハウス北海道のご提案する「光熱費ゼロ生活」の根幹には、環境先進国水準の高い省エネルギー性能を実現する住宅の断熱・気密性能が必要です。それが、オーナーの省エネ意識と合わさり、住宅の消費エネルギー、そして光熱費が削減できるのです。

次は、少ないとはいえ日々消費される光熱費を、太陽光発電による創エネで賄う方法についてご紹介します。また、新築後2年間の光熱費をイゼッチハウス北海道が保証する「光熱費保証」、そして「太陽光パネルの一部無償貸与」「住宅のメンテナンスに関する24時間相談対応」などについてもご説明させていただきます。

ご興味のある方は、お気軽に
お問い合わせください。

お電話からのお問い合わせ 011-780-1008