イゼッチハウスの家

2018年9月6日3時7分、北海道胆振東部を震源とする最大震度7の大地震が発生しました。
そして3時25分には北海道全域の停電"ブラックアウト"が発生しました。

ブラックゼッチ イメージ画像

約2日間の停電生活のなか、道民は、明るさを電池式の照明で、情報をラジオで、暖かい食事をガスコンロで確保するなど、工夫をしながら電気の復旧を待ちました。

イゼッチハウス北海道は、当社の標準仕様「フルゼッチ【F・ZEH】の家」が

  1. 高断熱高気密なので厳冬期でも室温が下がりにくい
  2. 土間蓄熱暖房で、停電時も家を緩やかに温めることができる
  3. 太陽光発電でエネルギーを自給できるので日中なら停電しても電気を使える

という仕様になっているため、そもそも「ブラックアウト(全域大停電)」のような事態に強い住まいですが、さらに

  1. 蓄電池を搭載し、大停電でも困らない「ブラックゼッチ【B・ZEH】の家」

も新発売しました。

「フルゼッチ【F・ZEH】の家」は、各家庭で消費する光熱費に相当する電力を太陽光発電で創エネし、自家消費と電力会社への売電に使います。売電で得た収入を光熱費に使うことで、「光熱費実質ゼロ」の生活を実現するもので、経済性とエコを重視される方に大変好評をいただいておりますが、太陽光パネルは電力を蓄えることができないので、停電時の日没後は電気を使うことができません。

「ブラックゼッチ【B・ZEH】の家」は、さらに進んで、日中太陽光で発電した電力を、自宅内の「蓄電池」に蓄えて夜間でも優先度の高い家電、照明などで使用することができます。

  1. 停電が夜間に発生しても、蓄電池に蓄えた電力を使い、照明や調理ができる家が欲しい
  2. 日ごろから、深夜の安い電力を蓄電池に蓄えて、電気代の高い日中に使い、電気代を節約したい
  3. 電力の自給自足「オフグリット」に興味がある
  4. 近い将来、住宅は「高断熱高気密+太陽光発電+蓄電池」が常識になるので今から装備しておきたい

という方向けのご提案が「ブラックゼッチ【B・ZEH】の家」です。

「フルゼッチ【F・ZEH】の家」と
「ブラックゼッチ【B・ZEH】の家」は
下記の

  1. 超高断熱高気密なので、厳冬期でも室温がさがりにくい
  2. 基礎断熱+ヒートポンプ式土間蓄熱暖房で「基礎が熱を蓄え、緩やかに供給できる」
  3. 太陽光発電でエネルギーを自給できる日中なら停電しても電気を使える

までは同じです。まずはその点からご説明します。

1 超高断熱高気密なので厳冬期でも室温がさがりにくい

断熱材「ネオマフォーム」

住宅の外壁は他の断熱材より優れた断熱性能を誇る高性能フェノールフォーム断熱材「ネオマフォーム」を60ミリ外張り断熱。壁の室内側にはロックウール断熱を60kg105ミリ施工。窓はLOW-E トリプルガラス(アルゴンガス入り)を標準採用しています。

表:省エネルギー基準とイゼッチハウスの比較

※クリックで表を拡大できます

これだけの断熱気密性能があれば、2日程度、停電が続いて暖房を使用できなかったとしても、室内の温度低下は非常に緩やかです。また、積雪寒冷地北海道でも、年間の暖房・給湯・照明や家電、調理などの光熱費を18万円程度に抑えることができるので、家計の負担も軽減できます。

2 土間蓄熱暖房で、停電時も家を緩やかに温めることができる

イゼッチハウスの家は、布基礎のコンクリートを断熱材で内外両側合わせて130mmの断熱材でサンドイッチする「基礎断熱」を採用しています。これにより基礎の内側にある大量の土間コンクリートが、日頃から室内の温度とほぼ同じ温度に蓄熱されています。

イゼッチハウスの基礎工事

室内の温度が下がった場合、基礎コンクリート内に蓄熱された熱が室内に供給されるので、厳冬期に暖房を1日停止していても室温がほとんど低下しません。

3 太陽光発電でエネルギーを自給できるので日中は停電しても困らない

3-2 お客様の声

2018年9月6日の大停電でも、イゼッチハウス北海道の「フルゼッチ【F・ZEH】の家」を建てられた方からは

光熱費ゼロ実現&停電でも家電が使える家/札幌市S邸

ご主人 朝3時25分に停電になりました。まず、照明やテレビ、冷蔵庫などが使えなくなったわけですが、とりあえず、部屋の様子を点検し、熱帯魚水槽の水が溢れていたので拭いて・・・まだ夜だったし、どうしようもないのでいったん寝ました。

居間のコンセントを指し示すSさん

フルゼッチの家を建てるということで、こういう災害、停電時には、自家発電で家の家電が使えることは分かっていました。でも新築して1年も経たないうちにその力が活かされるとは思っていませんでした。

まずは炊飯器でご飯を炊きました。やはり食事の心配が一番でした。次に懐中電灯やモバイルバッテリーの充電をして、冷蔵庫にもコードをつなげました。スマホの充電もできました。

なおお湯の心配はありませんでした。エコキュートで72度460リットルのお湯がタンクにストックされているので非常用コックを外せばお湯も使えます。

という声もいただきました。

イゼッチハウス北海道は、フルゼッチ【F・ZEH】の家で、7kw以上の太陽光パネルの設置を標準仕様とし、年間18万円以上の売電収入が見込める=光熱費ゼロ生活をご提案しています。たとえ災害時に停電が発生しても、日射があれば発電できるので、室内の照明、炊事、スマホの充電などは可能です。

太陽光パネル

ここまでは、「フルゼッチ【F・ZEH】の家」、そして「ブラックゼッチ【B・ZEH】の家」共通の仕様です。

そしてここから先は、「ブラックゼッチ【B・ZEH】の家」だけのご提案です。

なお、北広島市共栄町4丁目12-6のイゼッチハウス北海道モデルハウスでは、「ブラックゼッチ【B・ZEH】の家」の見学と宿泊体験もできます。ここからはモデルハウスをもとにブラックゼッチの家を解説していきます。

4 蓄電池を搭載し、大停電でも困らない「ブラックゼッチ【B・ZEH】の家」

ブラックゼッチ【B・ZEH】の家には、4.2kwの蓄電池と、ハイブリッドパワーコンディショナーが搭載されています。

蓄電池

日中に太陽光発電で発電した電力や、電気代の安い深夜の電力をハイブリッドパワーコンディショナーで適切に変換し、蓄電池に蓄えることができます(太陽光発電用に使用されるパワーコンディショナーでは蓄電池を利用できません)。

4-2 「太陽光発電」+蓄電池が当たり前の時代へ

なお、蓄電池は現在でも高価な設備なので、各家庭が一日の間に消費するおよそ30kwを蓄えることができる分の蓄電池を購入するのは現実的ではありません。とはいえ、今後、住宅用蓄電池が急速に普及し、製造コストも大幅に安くなってくるのは間違いないでしょう。

現在、住宅を新築する際に、「蓄電池」を想定していない、太陽光発電+パワーコンディショナーの家を建ててしまうと、近い将来に、その家に蓄電池を装備しようとしたら、パワーコンディショナーをハイブリッドパワーコンディショナーに買い替えし、住宅内の配線なども大幅に改修しなければならないという問題が発生してしまいます。

そこでイゼッチハウス北海道は、ごく近い将来、住宅は「太陽光発電」と「蓄電池」が当たり前の設備になることを踏まえ、2019年現在、家を建てるお客様にも、近い将来の「当たり前」を踏まえた「太陽光発電」と「蓄電池」を搭載したブラックゼッチ【B・ZEH】の家をお客様におすすめしています。

4-3 蓄えた電力を賢く使う配電コントロール

ある物件の配電図

家じゅうの家電、照明などのうち、停電時に、優先的に使いたいものに電力を優先配分することで、限りある蓄電池内の電力を有効活用し、長い時間、賢く電気を使い続ける配電網のコントロールも行っています。

例えば災害時には、家族が集まって過ごすのでリビングの照明やテレビ、電子レンジや冷蔵庫、炊飯器は必須だけど、玄関や子供部屋の照明は生活に欠かせないわけではないのでつかなくても良い、といったコントロールです。

4kwの電力で、どれくらい家電製品を稼働できるかの試算がこれです。

  • 2部屋のled照明を6時間
  • ノートパソコンを1台1時間
  • スマホ充電を1台1回
  • 32型液晶テレビを3時間
  • お風呂内の照明と換気扇を1時間
  • 冷蔵庫を24時間
  • 電子レンジを12分
  • ホットプレートを1時間
  • 炊飯器を1回
  • 洗濯機を1回
  • 電気ケトルを6分
  • ドライヤーを12分

停電時にこれくらい、蓄電池を使って家の照明や家電が使えればある程度の生活はできるのではないでしょうか。

もちろん夜が明けて、日射が屋根のソーラーパネルにあたり始めると、発電された電力を使えますし、再び蓄電池にも電力を蓄えることが可能です。

停電が発生した場合、わずか数秒で蓄電池から電力が供給されるように切り替わります。主要な部屋の照明や、情報収集のためのテレビ、家事に必要な冷蔵庫や洗濯機、電子レンジ、炊飯器などはいつも通りに使えるようになります。

蓄電池に蓄えられた電気を使い果たすと再び停電状態になってしまいますが、実験で、イゼッチハウス北海道の社員5人が、北広島市にあるブラックゼッチのモデルハウスで、19時~03時の8時間、照明や電子レンジ、テレビ、携帯の充電などを、蓄電池を使って過ごしましたが、蓄電池内の電力を使い切ることはできず、まだ余裕がありました。

非常時に、ドライヤーや電子レンジなどを長時間使い続ける、といったことは控えめになると思いますので、4.2kwの蓄電池でも、最低限必要な照明や家電は使用し続けられると思います。

イゼッチハウスの住宅にブラックゼッチ【B・ZEH】を搭載する費用は、太陽光パネル5.4kw、蓄電池4.2kw、ハイブリットパワコン4.2か5.3kw、そして付随する電気工事などを含め198万円~です。

各家庭で太陽光発電パネルによって発電した余剰電力を電力会社が10年間固定価格で買い取ることを約束する固定価格買い取り制度(FIT)も売電価格も値下がりしています。

また電気料金も、今度どうなるか定かではありません。売電価格が値下がりし、電気代が値上がりしても、自宅の屋根で発電した電力を自家消費したり蓄電池に蓄えられるなら、電力会社による電力事情などに家計が左右されない暮らしが実現しやすくなります。

化石エネルギーを消費しCO2も多量に排出する火力発電や、災害リスクなどで懸念もある原子力発電など、発電に伴う環境負荷を極力抑え、我が家で省エネ、創エネを実現して環境対策にもつなげたい、という方にはぜひ「ブラックゼッチ【B・ZEH】の家」をおすすめします。

詳しくは
イゼッチハウス北海道 011-780-1008
https://zeh.jp/inquiry/ までお問合せください。

なお、北広島市共栄町4丁目12-6のイゼッチハウス北海道モデルハウスでは、「ブラックゼッチ【B・ZEH】の家」の見学と宿泊体験もできます。

詳しくは
https://zeh.jp/events/ 参照ください。