ブログ

二世帯住宅成功の秘訣 二世帯住宅建築のPOINT札幌本社

  • イゼッチハウス詳細
2017.06.21

1.計画段階での話し合い
完全二世帯や準二世帯等、スタイルも含めて大切なのは『充分に家族間で話をする事』です。
話し合いを行わないまま計画を進めると、実際に生活を始めてから大きなストレスになる事もあります。

話し合うポイントは
「暮らし方」*エリアや間取りなど
「登記名義」*資金出資割合による登記名義
「融資」  *単独融資にするか、親子リレーやペアローンなど商品を選択しましょう
「税金」  *出資割合に応じて持ち分を持たなければ思わぬ税金がかかる事も…
下記にそってそれぞれ詳細を記載致しましたので参考にして下さい。

暮らし方について
 徹底的にそれぞれのライフスタイルを書き出す
 ご家族の趣味(映画が好きで、どうしても防音設備を設けたいなど…)を全て書き出す。
 その際に平日 の就寝時間や起床時間も書き出しましょう。
 「親しき仲にも礼儀あり」たとえ身内でも生活音や排水音、振動音も許容を超えるとストレスになります。
 防音や遮音シートの活用や、排水音緩衝材の使用などが必要となる場合もあります。
 通勤距離や、学校までのアクセスは勿論の事、
 毎日のお買い物やお稽古事の移動距離等は日常生活に大きく影響します。土地選びの重要なポイントですね。
 ともすれば相対的な予算ばかりに目が行き、こんなことなら同居なんかするんじゃなかった…なんて声も 
 予算は勿論大切ですが、生活するそれぞれの家族の”幸せ゛が最優先
 まずは徹底的に希望、要望を書き出しましょう

プランを考えよう
希望の絶対条件と取り入れプランを作成する

2.具体的なプランを作成しよう
 希望の条件が定まったら、いよいよ具体的なプランニングに入ります
 市販のソフト等を使ってご自分で作成してみるのも楽しいものですが、なかなか思い通りにいかないのも事実
 やはりプロに頼むのが近道です
 ハウスメーカーでは基本プランの作成を無料で行っているところが大半です

依頼をする際には
 HPや雑誌で自分の好みの間取りを探して外観、内観の具体的なイメージを持っておくと、
 具体的なプランを頼む場合に製作者側にとっても参考になります。是非、活用しましょう。
 またノートなどをスクラップブックにして、お気に入りのデザイン写真を張り付けておけば
 イメージを言葉で伝えるもどかしさが軽減するかも。

『北海道の注文住宅』等の情報誌に付箋を付けて持っていくのも“アリ”
実際に完成した時に、きっと良い記念になるはずです。

独立二世帯の特徴
 キッチンは2つ
 玄関は2つ
 浴室は2つ
下屋を広々と造った贅沢二世帯・玄関別の上下分離型二世帯
  

  
共用二世帯の特徴
キッチンは2つ
玄関は1つ
浴室は2つ(または一つ)
玄関1つの分離型二世帯・上下分離型二世帯

  






融合二世帯の特徴
キッチンは2つ(メインキッチンを共用+サブキッチン)
玄関は2つ(2世帯で共用)
浴室は1つ(+シャワー室)2世帯で共用
上下分離型二世帯・水廻り集約で生活スペースの確保、技あり二世帯
   



 


交流の場その1 お風呂

お母さんやお父さんがお仕事で遅いとき、おじいちゃんとおばあちゃんと一緒のお風呂はいつにもまして楽しい!家族のコミュニケーションを考えたゆったりサイズの大きなお風呂でのんびりふれあいを楽しめます。

交流の場その2 ウッドデッキ
家にいながらにして自然をそのまま感じられるウッドデッキがあれば、リビングとは一味違う開放的な気分を楽しめます。家族みんなでのバーベキューやティータム、お花見など楽しみ方はいろいろです。


二世帯住宅の施工事例 インタビュー記事

ご両親も安心の二世帯住宅


2世帯で助け合い支え合う暮らし



上下分離の快適2世帯住宅 Q値0.89 省エネの暖かい家

自由設計の完全分離2世帯住宅
その他にも2世帯住宅の施工事例を随時掲載していきます。
詳しくはこちら「2世帯住宅の施工事例」

「2世帯住宅」を検討中のご家族に、プラン集を用意しております



「2世帯住宅」とは言っても「完全分離型」や「玄関共有型」「共有型」などカタチは多彩。イゼッチハウス北海道では、2世帯住宅に多くのご依頼をいただき、豊富な実績を持っております。それぞれのファミリーにピッタリのプランをご提案いたしますので、「2世帯住宅を検討している」というご家族はお気軽にお問い合わせください。また、プラン集も用意しております。ご希望の方には送付させていただきますので、こちらもお気軽にお問い合わせください。

ご興味のある方は、お気軽に
お問い合わせください。

お電話からのお問い合わせ 011-780-1008