ブログ

ブラックZEH 冬期のお話し札幌本社

  • 光熱費ゼロ・zeh・太陽光発電
2019.11.29

こんばんわ磯野です。
とうとう冬本番ですね!!
積雪量も徐々に増えてきましたが、今回は太陽光と蓄電池に関するお話しです。


ご覧いただいているのは、当社の北広島モデルに設置している太陽光モニターに
表示されるデータになります。
太陽光パネルの上に積雪している日は発電していないですが
発電していない時には蓄電池に蓄えられた電力を使う事ができます。

では、冬に太陽光発電しないのになんで蓄電できるのかといいますと
夜間の安い電気代の時間帯で電気を北電から買って蓄えるという
設定を自動でされているため、何もしなくても蓄電されます。

冬は特に暖房をするために電気代などが高くかかってしまいますが
蓄電池の電力をうまく活用する事で費用を軽減する事もできます。

例えばですが、北電の電気契約プランのeタイム3プラスを例にだしますと
電気代の安くなる夜間時間が22時から8時です。
この時間帯は、14.64円/kwhです。
昼間の時間帯は、30円/kwhを超える設定になっています。

単純計算ですが、夜間に蓄えた電気を使えれば30円-14円で16円の
メリット額が生まれます。

このような形でご利用いただけるとベストですね。
ぜひ、皆様にもご体感いただけたらと思います。

ご興味のある方は、お気軽に
お問い合わせください。

お電話からのお問い合わせ 011-780-1008