ブログ

平成も残すところ後わずか札幌本社

  • 小野池誠
2019.04.27

北海道もついに桜前線にはいりましたね
  ゴールデンウィークに突入された方も大勢いらっしゃると思います。
弊社見学会も本来お休みですが、前半は見学会場も北広島のモデルも
オープンしていますので、足を運んでみて下さい。



さて、今回お休みが長いだけではなく

   元号が  「平成」  から  「令和」へと
変更になります。

   「昭和」  から  「平成」を体験された方もいらっしゃると思いますが
今回は今までとは異なった元号変更になります。

平成も残すところ後2日です。(今日は4/27です)

今回の「令和」ですが意味は皆様ニュースで聞いていると思いますが

「日本最古の歌集「万葉集」巻5、梅花の歌32首の序文にある「初春の令月にして、
 気淑(よ)く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を
 薫らす」(書き下し文)から二文字をとって命名された。
 典拠を中国古典(漢籍)ではなく日本古典(国書)とする元号は、確認できる限り
 今回が初めてとされる。」・・・(ニュース記事抜粋)

色々と初めての試みがなされていますが、時代なのでしょうか?
今年が令和元年になるので自分自身も新たな気持ちで進めて行きたいと
改めて思いました。

写真は今日撮影した桜です。たまたま見かけて撮影しました
このゴールデンウィークでお花見をされる方もいらっしゃると思いますが
峠によっては雪が降った個所もあったみたいですので十分にご注意して
良い休日をお過ごし下さい。
(意味ない内容ですがご了承下さい) 

ご興味のある方は、お気軽に
お問い合わせください。

お電話からのお問い合わせ 011-780-1008