ブログ

熱交換型換気システムのメリットとは札幌本社

  • 住まいのお手入れ
2019.04.06

営業の富樫です。

雪解けも進みすっかり春らしくなってきましたね。
来週からは、新学期が始まり新入生や新社会人の初々しい姿を目にすることも多くなりそうです。

皆様の周りには、花粉症でお悩みの方はいらっしゃいませんか。
私の周りにも、春になると目が充血したり鼻水が止まらない方など
最近少しずつ増えてきているようです。

「イゼッチハウスの家」は花粉症でお悩みの方にやさしい住宅なんです。


現在、新築住宅には機械で空気を出し入れする
「24時間換気システム」が多く使われています。

建物の高気密・高断熱化に伴い、従来の室内外の圧力差による
自然換気では、換気の量が追い付かない為です。

当社では、空気の出し入れを機械でコントロールする
第1種換気システムを採用しております。
見学会場にお越しの方は既にご覧になられた事かと思いますが、
洗面所の床下に換気システムの本体を設置しております。

洗面所の床に点検口がありまして




ふたを開けると24時間換気システムの本体がございます。


こちらの換気システムは熱と湿度を交換する
「全熱交換タイプ」と呼ばれるものです。


熱交換率が95%の性能がございまして、
たとえば外の温度がマイナス10度で、室温が22度だった場合、
この換気システムで室内の汚れた空気の「熱と湿度」のみを
外から取り入れる新鮮な空気に交換する事ができまして、
マイナス10度の空気が20.4度に温められて取り込む事が出来ますので
換気によるエネルギーのロスを大幅に低減してくれます。
(わかりにくい説明ですみません 詳しくは担当に聞いてください)


新鮮な空気はフィルターを通して室内の取り込まれます。
換気システムにございますマグネットのふたを外すと(簡単に外せます)
中にフィルターが入っています。


こちらがフィルターです。


こちらのフィルターは、外のほこりや、空気中に漂う花粉などを
防いでくれる優れものです。


※別売りですが、PM2.5に対応したフィルターも設置することが可能です。




これからの季節、外はほこりや花粉などが漂っていますが、
当社の建物の中は、常にきれいな空気環境です。

花粉症にお悩みの方も、症状を低減する事が出来るかと思います。



お手入れ方法としては、3か月に一回フィルターを取り出し
水洗いをしてください。(汚れがひどい時は中性洗剤も使用可能です)
洗った後は軽く水を切って換気システムに戻していただければ大丈夫です。
(換気システムで空気が流れているので、勝手に乾きます。)

3か月に一回のタイミングですが、浴室横にありますコントローラーに
「お手入れランプ」が点灯しますので、点灯していたらお手入れの目安です。

当社見学会場や、北広島モデルハウスに実物がございますので、
まだご覧になられていない方は、是非一度ご見学いただけたらと思っております。






先日のお休みの日に、家族で円山動物園に行ってきました。
目当ては、新しく動物園にやってきた ぞうさんを見ることです。

とても立派な建物でした。
春休み中もあり家族連れが多かったです。



円山動物園で見る初めてのぞうさんに息子も感激していたようです。


水浴びの姿を見る事が出来なかったので、今度は夏に行こうかなと思います。

ご興味のある方は、お気軽に
お問い合わせください。

お電話からのお問い合わせ 011-780-1008