ブログ

土地の歴史を知るために札幌本社

  • 土地選び
2018.12.18

営業の富樫です。

12月半ばが過ぎまして年の瀬となって参りましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

ここ数日は、お客様宅へ年末のご挨拶にお伺いする事が多かったのですが、
お子様がお生まれになられた方や、もうすぐお子様が生まれるお客様など
私の担当したお客様は、おめでたいお話が多かったです。
大変うれしい限りです。


住宅を建てる土地を選ぶ際に重視する事として

・土地の広さ
・駅までの距離
・学校までの距離
・前面の道路の幅
・利便施設の有無
・価格  などなど
 
と伺う事が多かったですが、
北海道胆振東部地震以降は
地盤の強さや液状化についてのご質問をお聴きする事も増えてきました。

土地の地盤の強さに関しては、
気になるエリアを教えて戴けますと、
近隣の地盤データを取り寄せることが出来ます。
地盤の強さの目安となる事かと思います。

こんな感じの物です。
グラフの縦軸が地面から深さで、横軸が地盤の強さです。













また、液状化については、各市町村のホームページなどで
防災マップや液状化マップなどが公開されております。

(参考)札幌市防災マップ
http://www.city.sapporo.jp/kikikanri/higoro/jisin/jbmap.html




また、ご存じの方も多いのですが、
札幌エリアに限定されますが、
昔の古い地図を見る事が出来るオススメのサイトがございます。

「今昔マップ on the web]
http://ktgis.net/kjmapw/index.html

こちらの地図は、古い地図と新しい地図を並べて
「過去」と「現在」を比較する事が出来る優れものです。


時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」より




以前、その地域に何があったのかを
古い地図から読み解く事が出来るかも知れません。
こちら左側はイゼッチハウスがございます、1916年の「つどーむ」周辺地図です。
まわりは畑しかありません。今は無い曲がりくねった川もあります。
※札幌の地図は1916年まで遡れます。


私個人的に、古い地図を見る事が好きでして
道路が曲がりくねっている理由や、そこに以前何が建っていたかなど、
古い地図から読み解いております。
また、なんとなく懐かしい気分にもなれます。

ご興味がございましたら、一度ご覧いただけたらと思います。
新たな発見があるかも知れません。


今週末の12月22日(土)にリクシル札幌 ショールームにて
イゼッチハウス年内最後のイベントを開催致します。

弊社代表による「光熱費0セミナー」や
弊社スタッフによるマジックショーなど企画しております。

ご来場の方々には、クリスマスプレゼントもご用意しておりますので
是非、ご参加ください。なお、イベントは予約制となっております。


少し早いですが、
今年一年大変お世話になりました。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。

ご興味のある方は、お気軽に
お問い合わせください。

お電話からのお問い合わせ 011-780-1008