ブログ

壁掛けテレビの設置方法と取り付け金具のこと札幌本社

  • インテリア・設備
2019.12.03

営業の富樫です。

ご新築を機に家電製品を買い替えるお客様は多くいらっしゃいまして
その中でご相談が多いのが
「リビングのTVを壁掛けにしたいのだけど・・・」
というご相談です。

1年ほど前に壁掛けTVについてブログにアップ致しましたが
思いのほか反響がありまして再UPさせて戴きました。



以前、お引渡し致しましたお客様のお宅で
壁掛けTV設置のお手伝いを行ないました。


ここ10年くらいで、薄型大型TVが当たり前となりまして
リビングのTVを壁掛けて設置するケースが多くなりました。
設置されるTVも50~65インチと大きな物をご用意される方も多いです。

ブラウン管TVが主流の頃は、部屋の隅に配置する事も多かったのですが、
今は遠い昔の話の様です。

また、スクリーンと液晶プロジェクターを設置するご要望も
以前に比べ減ってきている様です。
大型液晶TVの価格がお買い求めやすくなってきている影響でしょうか。


TVを壁にかけて設置する場合、金具を設置する為の下地や
電源やアンテナ線、ケーブル類の配線・配管などの事前準備が必要です。

当社の場合、壁にロックウール断熱材を注入する前に
建築中の現場で電気の配線確認を行います。
そこで、壁掛TVのお打合せを行います。

この時までにお客様にお決め戴きたい事はいくつかございます

①設置場所
②TVの大きさ
③設置するTVの高さ
④TV台の大きさ・高さ
⑤設置するTVのメーカー(配線の位置がメーカーごとで異なります)
⑥TVを設置する金具の決定(実際に実物をご用意頂くのがベターです)

といろいろございます。

先行下地と先行配管はこんな感じです。

まわりの木材はTV台を設置する下地です

裏側から見た所

となります。
主にコーディネーターと電気図のお打合せでお決め戴いております。


ここからはTVの設置風景です

まず、TVの高さと取付け金具位置を見ながら金具を設置します。

こちらのお宅は壁掛TVとTV台の間に配線が見えないように
あらかじめ空の配管を2本埋設しております。(配線の数によって異なりますが)
アンテナケーブルとHDMIケーブルを通したところです。
TVの電源は裏側に隠れるように配線しております。


電源コンセントがTVと干渉する場合はアタッチメントプラグを設置する場合もございます。




TV側の金具を設置します。



金具を設置したTVを壁側に設置した金具に引掛けボルトで固定します。

設置完了です。
作業時間は30分程でした。

TVの背面にはデザイン性と調湿作用がございます
エコカラットをお貼りしました。

お客様が設置されたTVボードがカッコ良かったです。




【金具も色々なタイプがございます】

金具は主に3タイプです。


①アームタイプ
 アームが手前に伸びて上下左右の首ふりが可能です。
 いろいろな場所からTVを見たい方へオススメの金具です。
 少し金具が高価です。

②上下角度調節タイプ
 上下のみ首ふりが可能です。
 
③固定タイプ
 TVと壁と隙間が少なくスッキリ設置できます。
 TV設置の時に、金具の奥行が少ないと配線しにくい場合がございますので
 注意が必要です。

メーカー純正の金具もございますが、将来TVを買い替えた際に
他メーカーのTVが設置できない可能性もございます。
将来買い替えるTVにも注意が必要です。

メーカー純正品金具 

スッキリとカッコよく設置できますが・・・


長い目で見ると、色々のメーカーに対応できる、社外品がよろしいのではないでしょうか。

家造りのご参考にして頂けたら幸いです。
詳しくは担当までお問い合わせください。

ご興味のある方は、お気軽に
お問い合わせください。

お電話からのお問い合わせ 011-780-1008