ブログ

イゼッチハウスの建物は、気密が凄く良い!北広島営業所

  • 住まいの環境
2018.03.25

      住宅の気密化の必要性


前回の記事では、高気密高断熱の定義と、土間蓄熱暖房システムについて記事にさせていただきました。


今回は、高気密の必要性を書きたいと思います。


なぜ、家に隙間がなければ無いほど良くて、計画的な換気が必要なのか。


気密性に関しては、大手ハウスメーカーもなかなか声を大にして重要性を伝えないのですが、イゼッチハウス北海道の建物は<安心して長く住める家>にするため、こだわりと工夫を随所に凝らしています。


それが<超高気密>です。そして<劣化しない気密性能>になります。


まず、高気密化の目的は大きく分けると4つあります。


 


健康で快適な室内環境を実現するために
気密性を高めると、隙間からの空気の出入りがなくなり、室内の上下温度差も家の中の温度むらも小さくなってきて、快適な住環境を実現しやすくなります。

計画的な換気をするために
気密性の低い建物は・・・知らないうちにあちこちの隙間から空気が出入ります。
しかも、この隙間からの換気量は、季節や風の強さなどによって相当かわります。
正確に換気量を測定することもできず、コントロールもでず、成り行きにならざるを得ません。
気密化をするということは、換気を計画的(必要換気量の確 保、換気経路の明確化、給気速度の制御、給気、温度の制御など)に行うために是非とも必要です。

壁内結露防止のために
建物に隙間があり、空気の自由な出入りがあるとき、同時に建物内の空気中の湿度も隙間などから外に排出されます。
このとき、冬には冷えた外壁内、床下、小屋裏などで結露が生じ、断熱材を濡らし、木材を濡らして腐食させることになりかねません。
内部結露を防止するためには断熱材の厚さのムラをなくし、隙間からの空気の漏れをなくさなければなりません。

熱損失を少なくするために
建物の気密性が低いと・・・隙間からの換気量が多くなり、逃げる熱量も多くなります。
熱損失が少ないので、光熱費も安く抑えられるのです

以上の事から、<安心して長く住める家>の提供には必要不可欠なのです。


快適でエコで地球環境に優しく、燃費が良い家にするためには、<高気密>は必要不可欠なのです。


断熱性は、良い素材(断熱材)を大量に使用する。窓を性能の高いものを使用して。。。


要はお金を掛けてしまえば、どの会社でも出来るのです。


しかし、超高気密は、物に頼るのではなく、大工さん一人一人の手間と暇の結晶なのです。


窓や換気口などの開口部は、隙間が出来やすいのですが、そこも丁寧に隙間を埋めるなどの技術は、どれだけその会社が長く住める家を建てるという意識をしているか、という1つの指標と言えると思います。


また、


その気密性は維持することができるイゼッチハウスの建物には、ある工夫があります。


その工夫とは、、、、、


気密シートの張る位置が違うのです。


通常だと、W断熱工法を採用している住宅メーカーだと、家の壁の内側にシートを張ります。



イゼッチハウスの考え方はユニークで、画期的です。

壁のより外側で断熱材と構造用合板の間に気密シートを入れることで、釘や画鋲で穴が開く心配もありません。


また、本来、気密シートを断熱材より内側に張るのは、壁内結露を防止する為でもありますが、内側と外側の断熱の性能値のバランスが良ければ、壁内結露はおきないので、ずっと長く安心して住めるいえになります。


イゼッチハウス北海道は本当にお客様と20年30年のお付き合いをさせて頂きたいと本気で考えているからこそ、その手間を惜しまないのです。


その証拠に20年間24時間のコールセンターを設置しております。


また、30年間そのご自宅の健康状態がわかるようにカルテを残せるんです!
この順番にすることで、壁のより外側で断熱材と構造用合板の間に気密シートを入れることで、釘や画鋲で穴が開く心配もありません。


また、本来、気密シートを断熱材より内側に張るのは、壁内結露を防止する為でもありますが、内側と外側の断熱の性能値のバランスが良ければ、壁内結露はおきないので、ずっと長く安心して住める家になります。


イゼッチハウス北海道は本当にお客様と20年30年のお付き合いをさせて頂きたいと本気で考えているからこそ、その手間を惜しまないのです。


 


その証拠に20年間24時間のコールセンターを設置しております。


また、30年間そのご自宅の健康状態がわかるようにカルテを残せるんです


もしものときの安心感が違ってくると思います。

ご興味のある方は、お気軽に
お問い合わせください。

お電話からのお問い合わせ 011-780-1008