ブログ

お住まいの状況!札幌本社

  • 千葉秀幸
2018.03.16

進学や転勤等何かと忙しい3月!
冬季オリンピックも終わり、夏のワールドカップを楽しみにしております営業部の千葉です。

マイホーム計画で完成時期を検討する際に新学期や進学等、区切りが良いこの時期に検討されるお客様も多くいらっしゃいます。ニュースを拝見すると引越業界の人手不足問題で引越難民の報道がございますが、人手不足はどの業界でも頭を抱える問題ですね。

これから住宅を検討させる方にとっては、低金利や増税前等で住宅購入するタイミングとして良い時期だと思われます。しかし、近年札幌市内及び近郊も含め、建築用地が少なく、土地代も上昇しており、特別な理由がなければ、早めに動かれるほうがよろしいかと思われます。

なにせ高額な買物ですから、検討する上での知識や情報等の準備は必要ですし、賃貸であれば家賃発生することからなるべく支払いは、持家に支払ったほうがいいですよね。
多くの建築会社から、自分達がどのような家に住みたいのか。
悩むところですが、当社の特徴を知って頂ければと思います。

【当社住宅の特徴】
 ・高断熱と高気密(トリプルサッシ標準)
 ・土間床暖房(床下空間より暖める)
 ・1・2階とも暖房機器が見えない(単世帯のみ)
 ・光熱費軽減
 まだまだお伝えしたいことはございますが・・・

 私が担当させて頂きました施主様の一例です。
 家族構成:6名
 2016年12月お引越し
 オール電化(ヒートプンプ式)
 土間床暖房。2階暖房器ない
 本体温度設定40℃ほど(冬期間)
 暖房設定時間(20時~8時)
 室内温度22℃(冬期間)
 床下温度32℃(冬期間)
 光熱費月額:25,000円ほど(暖房・給湯・照明等)
 ※水道代別途
 
 午前中の日当たりが良く、ご家族が暑がりということで暖房本体温度は低めです。
 賃貸の頃は、乾燥がひどかったが全熱換気にて軽減されたと言われておりました。
 あくまでも一例ですが、ご参考にして頂ければ幸いです。
 
 
 
 

ご興味のある方は、お気軽に
お問い合わせください。

お電話からのお問い合わせ 011-780-1008