ブログ

行動理念札幌本社

  • 奥林洋樹
2017.09.13

生産部 奥林ブログ更新です
何度も書いておりますが、私の朝の日課である自社口コミ情報の確認で非常に興味深いやりとりが為されていましたので転写致します。

「思っていたより電気代が高いです。 1年で25万程かかりました。特に節約はしていませんが、無駄遣いもしていません。 ホームページには『実際にお住まいのお客さまの2016年、2017年の光熱費(暖房給湯・調理・電灯をすべて含む・水道を除く)は、3538坪程度の家の広さで18万円程度となっています。』 と書かれており、どんな暮らし方をすれば年間18万ですむのか疑問です」

「同社の省エネコンテストに参加された(入賞するために頑張られた)方々のデータでしょうかね?? イベントに参加していない方々のデータを含んでいるのであれば、すごいですが。」

「坪数と、家族構成によって電気代が大きく変わるところはあるとおもいますが、ご家族人数や坪数はどのくらいになりますか?ぜひ参考にさせていただきたいです!」

「坪数は3538坪より小さく、家族構成は3人です。 お風呂は毎日入りますが、メモリは12しか減らないのでそんなに使っているとも思えません。」

「私も興味あります。 そういう方は、電力をバカ食いする機器(IH炊飯器、ホームベーカリー、ドライヤー、オーブンなど)の使い方を 工夫しているか、使っていないのかな?と思っていました。 eタイム3の場合、日中の電力料金が通常の電力契約より高くなりますしね。」

非常に興味深いので、どの様に話が繋がるか見ておりましたがブログ更新日である本日913日時点ではここまでです。
真摯なご意見の書き込みに感謝致します。

どの業界においてもと言えるのでしょうが、お客様からのご指摘や疑問を自社の不利益と考えるのか敢えて公表する事は多くありません。ですが、お客様の貴重な財産の建築をお引き受けする我々は、お客様からのご指摘や疑問点に誠実に答え、改善の余地があるのであれば真摯な態度で取り組むべきだと考えております。 


今回の一連の流れから行きますと、まず省エネコンテストのご説明が必要かと思います。
弊社省エネコンテストの情報は当然の事ながら応募して戴いたお客様から提出をされた電気使用量に、建築面積と家族構成を考慮し厳格に採点をして対象者を決定しております。イベントに参加されていないお客様のエネルギー使用量は、個人情報に該当するため残念ではございますが、私たちが独自で知り得る方法はございません。


「弊社HP上でも記載されているとされる3538坪程度の家の広さで18万円程度」とはイベント参加された方の平均値と考えて戴いて良いかと思います。


当然正確な平均値を得る為にはイベント参加者以外の方からも実データを収集し計算するのが良いのでしょうが、お客様からのデータ提供が無ければ入手手段が無いため平均値から除外しております。省エネコンテストに参加されるお客様は、お引渡しのお客様の80%を超えていると認識しておりますので、統計的にも全体の平均値に与える影響は少ないと考えております。

大洋建設並びにイゼッチハウスグループ全体のCSは私(奥林)となっておりますので、アフターメンテ相談情報は集約されてきます。
実際にお客様からご連絡を戴き「思っていたより電気代が高い」とご指摘を受ける事もあります。


「現象には必ず原因があり、原因の除去により現象は改善される」を持論としておりますので「消費電力が高いので見直したいのだが」とのご相談があった場合には,訪問させて戴きヒアリングを実施し
「無理をしないで生活しながら電気代を少なくする手法と考え方」をコンサルティングさせて戴いております。
「電力をバカ食いする機器(IH炊飯器、ホームベーカリー、ドライヤー、オーブンなど)」の使用を、電気料金がお安い時間帯に集中的に使用するように心がけると言った事は基本行動としてご提案をしております。

電力消費の増加でよくあるケースは、ルーフヒーターの切り忘れ。
ツララ防止の為のルーフヒーターですが、スイッチを入れればヒーターへの電力供給がされっ放しとなります。大きな電力消費に繋がりますので、必要な使用時以外はOFFの徹底をお願いしております。


気を付けなければならないケースでは「安心ヒーティングの常時運転」があります。モード設定が常時運転であった場合、雪の在る無しに関わらずポンプは動き熱を奪い続ける事になりますので、居室内の最適土間温度を確保しようとヒートポンプ電力使用量が増加致します。
昨年もコンサルを行った結果、上記の件が原因と判定されたケースが2例ございました。


お陰様で毎年の様に受注件数が増加し、結果としてお引渡しストック件数も積みあがってきております。
ほぼ毎日の様にCS関連のご連絡をお客様から頂戴しており、個人的に大好きなヒアリングとコンサルティングがいつまで対応可能か分かりません。


そこで、現在お引渡しのお客様に渡しているリニューアル版「住まいのお手入れBOOKに続く第二弾、今までの経験則も含めた上での「省エネで暮らすライフスタイル読本」の執筆に取り掛かる事にいたしました。


執筆時間は業務終了後の自宅でとなりますので、上梓目標を本年度中として取り掛かりたいと考えております。
私達イゼッチハウスの経営理念は「光熱費“0”生活のご提案をする事で地球環境負荷の削減に貢献し、子供たちの明るい未来を創ります」です
高断熱高気密の“0”エネルギー住宅の建築だけに留まらず、実際に生活を始められたお客様にエコなライフスタイルを提案する事により個々のお客様に最大級のメリットを得て戴き、結果として地球環境に貢献するシステムを構築し、子供たちに託す自然あふれる未来を創る事を目標としております。

ご興味のある方は、お気軽に
お問い合わせください。

お電話からのお問い合わせ 011-780-1008