STAFF BLOG

電気の配線確認をおこないました 

営業の富樫です

ぐっと気温が下がり秋めいてまいりましたが

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

新築住宅のお打合せは色々ございますが、

皆様が悩まれる事で多いのが、

照明やスイッチ、コンセントの位置を決める

電気配線です。

 

新たに新築する住宅では、電気の配線を自由にお決めする事ができます。

自由に決めることができるゆえに、建物完成後の家具の配置や

生活スタイルなどをイメージして頂けなければいけません。

 

お打合せでは、ソファやダイニングテーブル、ベッドや学習机など

の家具の配置を決め、

照明の種類やスイッチ・コンセントの位置を検討頂きます。

 

例えば、

実際に外から家に入り玄関→廊下→リビング→階段→2階ホール→主寝室までの動線で

スムーズに照明のON・OFFができるかどうかのご検討や、

スティック型の掃除機や携帯電話などを、どこで充電するのか、

ウォーターサーバーや加湿器などをどこに設置するかなど、

コンセントの位置が大きく影響いたします。

 

当社では、建物の骨組みが立ち上がり、屋根や窓を設置して

壁の内側に断熱材を入れる前に、

建築現場にて電気配線の確認を行います。

電気配線は図面上でお打合せを行いますが、

実際に建築中の現場にて、照明位置やスイッチ・コンセントを

一つずつ確認を致します。

 

 

この確認作業で、実際に室内を歩いて頂きまして、

照明位置の微調整や、スイッチの移動など行うことも多いです。

 

住宅雑誌など書かれていますが、お住まいになってから後悔したことで一番多い事が、

スイッチの場所やコンセントの位置や数についてです。

 

当社では、図面上だけではなく、建築現場で電気配線確認を行っており

皆様に分かり易かったとご好評を頂いております。

(こういった現場打合せを行わない建築会社も結構多いのです)

 

 

先日、年末完成に向けて工事中のお客様宅にて

電気配線確認を行いました。

 

 

 

 

コンセントやスイッチ・照明の位置確認を行いました。

また、収納棚の高さや衣類を掛けるパイプの高さなどを

ご確認頂きました。

 

 

骨組みの柱はこれからの工事で隠れてしますのですが、

皆様には、柱などに記念の落書きをして頂いております。

 

工事が進むと見られなくなってしましますが、

皆様ご家族のお名前や願い事など書かれていらっしゃる方が多いです。

 

 

 

U様 息子さんに久しぶりにお会いできてうれしかったです。

社員一同とても癒されました。

これから、どんどん建築工事が本格化致しますが

完成まで十分注意して工事を進めてまいりますので

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。