STAFF BLOG

暖かい家にはトリプルサッシを

こんにちは坂本です。

久しぶりにリクシルショールームへ行ってまいりました。

何度も行っているところですが、色々な住宅設備を見れるので

楽しい所ですよね。

入って少し進んだところに、サッシのコーナーがあります。

写真に撮っていなかったですが、サッシの性能値等が順番に

展示している物もあります。

建築業界に入ったときは、ペアガラスが当たり前となっており

現在では、当社ではトリプルガラスが標準となっております。

自分の実家は、単枚ガラスのアルミサッシ(愛知県で築30年程度だった

かと)18歳頃での札幌賃貸アパートでは、単枚ガラスの内側にもサッシ

(現在でいうインプラ)の建物でした。

こうして考えてみるとサッシの性能の上り方は、住宅の商品の中では

一番変わってきた物ではないのかなと思います。

そう考えていくと、今はまだペアガラスでも良いかもしれませんが、

10年後を考えると、寒い地域(北海道)等では、ほとんどの建築業者が

トリプルガラスを標準採用している時代になっているかもしれませんね。

性能値ではペアよりトリプルのほうが良いのはすぐに分かるのですが、

トリプルサッシのデメリットってなんでしょうか?

まず、価格が高い。これは、仮に10年後トリプルガラスばかりの時代になったとき

リフォームをして断熱性を高めようとした場合、後から費用がかかります。

ペアガラスと比べて断熱性が高いので光熱費も安くなります。

はじめから、しっかりとした性能の良い物を使用したほうが良いかと思います。

次に、重い。こちらは、サポートハンドル等をつけてあげると解消されます。

最後に、サイズやデザインの種類が少し少ないです。こちらは、少しだけですので

建物のデザイン等に影響は少ないかと思います。

住宅を考えるうえで、特に北海道の雪国でしたら家の断熱性をあげるうえで

トリプルガラスは、かかせない物かと思います。

ショールームでは、トリプルガラスとペアガラスの違いのわかる体感できるものが

ありますので是非とも体感してみてください。

サッシだけでこんなに違うんだと思いますよ。